• Facebook
  • Google+
  • YouTube

アーカイブ: 2014年8月

福山ゆるキャラ「ローラ」ちゃんが目印、
絆の家の肉厚プリプリ椎茸、

「一番オススメの食べ方は?」
とよくご質問をいただきます。

DSC00945

お答えするのは、シンプルイズザベスト!
続きを読む »

絆の家:【椎茸たっぷり卯の花】

福山ゆるキャラ「ローラ」ちゃんが目印、
絆の家の肉厚プリプリ椎茸、
おからとも相性いいんですよ。

DSC01672

とってもヘルシー、卯の花をご紹介します。
続きを読む »

オランダ福祉視察ツアー6日目。ツアー最後の視察先は、ヨーロッパの多くの国やアメリカにおいても採用されている「ホームドクター(家庭医)」です。

【ホームドクター制度について】
ヨーロッパの多くの国で、またアメリカにおいても採用されている医療制度です。
オランダの医師は「一般医」と「専門医」に分けられ、前者をホームドクターと呼び、オランダでは誰もがホームドクターを持ちます(登録制)。日本にも「かかりつけ医」の存在はありますが、基本自由診療(フリーアクセス)ですので、どこの病院に行くのも自由です。自分自身の判断で、最初から内科、外科、皮膚科、精神科等専門医の診察を受けることも可能ですが、オランダの場合、傷病が発生したときにはまずホームドクターの診察を受けるようになります。診察の結果、ホームドクターが自分の領域を超えていると判断した場合、その患者を専門医に紹介する。保険での診療を望む限り、ホームドクターの紹介なしでは専門医に見てもらうことはできませんので、日本とは大きな違いがあります。

今回私たちは視察ツアーガイドをして下さった後藤 猛さんのホームドクターの診療所を訪問しました。このどこからどう見ても映画俳優にしか見えない紳士がDrロブ・リスです♫
IMG_9575_320

続きを読む »

絆の家:【椎茸の鶏ミンチ詰め】

福山ゆるキャラ「ローラ」ちゃんが目印、
絆の家の肉厚プリプリ椎茸、
鶏とも相性いいんですよ。

DSC00194

ボリューム満点、肉詰めを紹介します。
続きを読む »

オランダ福祉視察ツアー6日目。ツアー最終日の視察先は、オランダ安楽死協会(※正式名称は「自由意志生命の終結協会」という)とヨーロッパの多くの国やアメリカにおいても採用されている「ホームドクター(家庭医)」です。

まず最初に訪問した安楽死協会はアムステルダム市内の目の前に運河が流れる、17世紀のたたずまいを残した煉瓦ビルの2階にありました。
IMG_9501_320

安楽死法(※正式名称は「要請による生命の終結及び自死の援助審査法」)がオランダにおいて世界で初めて成立したのは2001年のことです。
続きを読む »

オランダ福祉視察ツアー5日目。2件目の視察先は今回のオランダツアーのメインと言える、アムステルダム市内から車で20分程走った田園地帯の中にある認知症村「ホグウェイ」です。今回のツアーに参加されている方のほとんどがこの「ホグウェイ」視察を目当てに参加されていた程で、私たちも一番期待値の高かった場所です。

10460213_662476543835041_2808461232825203948_n_320 続きを読む »

オランダ福祉視察ツアー5日目。この日は今回のツアーにおける最も印象に残ったと言える視察を2件行いました。

最初の視察先はアムステルダム郊外のケアファーム 「アムステルタウン]です。
IMG_1063_320

ケアファームはその名の通り「ケア(介護)+ファーム(農場)」で、高齢者や認知症、知的障害者等のデイサービスを提供している農場のことです。オランダは元々農業が盛んな国で、このケアファームは現在国内に約1,100事業所あり、株式会社として運営、管理組合もあるそうです。
続きを読む »

オランダ福祉視察ツアー4日目。最後の視察先は「カイザー(Keyzer)」という施設です。
認知症の人が6ユニット(※1ユニット=6名)で36名、障害者が8名の計44名の方が生活をされています。
IMG_9088_320

続きを読む »

オランダ福祉視察ツアー4日目。アルツハイマー協会の視察を終え、次に訪れたのはアイブルグ(Ijburg)にある「メイボーム」という住宅です。

アイブルグは人口島で、1997年に開発に着手し、2012年には45,000人、18,000世帯が暮らすようになっています。
IMG_9021_320

続きを読む »