• Facebook
  • Google+
  • YouTube

2017.2 代表の海外視察報告~オーストラリア編~ Salvation Army(救世軍)訪問~

「オーストラリアで学ぶ高齢者介護職員研修」2日目の報告です。

我々視察団が訪問したのはThe Salvation Army (サルベーション・アーミー:救世軍)が運営する施設Riverview Gardens(リバービュー・ガーデンズ)です。

IMG_0994

IMG_0993

The Salvation Army (救世軍)について少しお話しておきます。救世軍はイギリスに本部を置き、現在、世界128の国と地域で活動する国際的なキリスト教(プロテスタント)の団体です。

その始まりは1865年。ロンドンの東部では、犯罪、貧困、失業、人口密集、その他の数々の社会悪が蔓延していました。牧師、ウイリアム・ブース氏は、色々な宗派からのボランティアと共に働いているうちに、やがてブース氏は自分が、遂にはザ・クリスチャン・ミッションと呼ばれ、急速に発展する運動(ムーブメント)の責任者となり、その組織と規律は軍隊の慣例に大いに影響を受けるようになっていきました。

1878年、ブース氏は「われわれはボランティアをするアーミー(兵士)ではなく、サルベーション・アーミー(救いの軍隊)である」という言葉を造り出し、この運動は公にThe Salvation Army(ザ・サルベーション・アーミー、邦訳は「救世軍」)と呼ばれるようになりました。「創立者」と呼ばれるウイリアム・ブース氏は大将となりました。その後、階級、制服、記章などが取り入れられるようになり、組織のための指針、規律、用語なども採用されるようになりました。

そして後にこの運動はその発祥の国を越えて発展し始め、現在は、世界128の国と地域で活動しており、オーストラリアにおいても1880年9月よりその活動が始まっています。日本においても明治の頃よりその活動が始まり、現在でも広く活動されていることは皆さんもご存知のことと思います。

リバービュー・ガーデンズについて報告します。

IMG_0996

リバービュー・ガーデンズはホステル(養護老人ホーム)、ナーシング・ホーム(特養)、フェアヘブン(Dementia:認知症棟)の他、自立者向けのインデペンデント・リビングで構成される施設サービスと在宅サービスを提供しています。

IMG_1001

この施設では午前と午後に分かれて様々なアクティビティが実施されていましたが、そこで要となるのが「ダイバージョナルセラピスト(総合療法士)」という日本では耳にしたことのない職種です。DTは40年ほど前に、オーストラリア赤十字のリハビリテーション分野でレジャーや精神的ケアの専門職としてスタートし、現在ではほとんどの高齢者介護施設(一部の在宅ケアや精神科、リハビリテーション病院等)で活躍しています。様々なレクリエーション、アクティビティ、セラピー等を楽しむ中で、高齢者一人ひとりが最後までその人らしく意味のある生を全うできるようにレジャーとライフスタイル全般にわたってサポートする「全人ケアの要」です。日本でも近年注目をされてきているようです。

入居されている方がDT指導の下、作成されたクラフト作品をプレゼントして下さいました。

IMG_1164

ナーシング・ホームでは大きなソファー型の日本では見たこともないティルト・リクライニング車椅子が衝撃的でした。

IMG_1352 IMG_1019

歩行困難な方、立位の保持が困難な方が車椅子上でもゆったりと過ごせるように開発されたオーストラリア独自の製品だそうです。動くソファーベッドのようで、大きさにも驚きでした。

オーストラリアでは持ち上げない介護、いわゆる「ノーリフトケア」が推奨されています。これはオーストラリア看護連盟が看護師の腰痛予防対策として1998年にスタートさせたもので、「ノーリフト・ポリシー」として危険や苦痛を伴う人力のみでの移乗を禁止し、患者さんの自立度を考慮しながら福祉用具を使って移乗介護をすることを義務づけました。

IMG_1035 IMG_1171

日本の場合、介護の基本技術もしっかりされており、また欧米のように体格が極端に大きい人は極わずかなこともあってか、一般的に行われている人力による移乗などの介助がまだまだ主ですが、欧米ではそれは最もリスクの高い作業とされていて、移乗用リフトなどの介護機器の導入がさかんに進められています。日本でも徐々に介護ロボットの導入等、職員の腰痛対策含め、少しずつ浸透し始めており、今後も注目していきたいと思います。

帰り際、100歳の入居者の方に出会いました。

IMG_1142

元々サルベーション・アーミーの職員をされていた方で、60年もの間、パプアニューギニアへ派遣され、務めておられたそうです。

IMG_1144 IMG_1145

ここにはこの方のような元職員さんだったという方もたくさん入居されているそうです。自分たちがお世話になりたい、暮らしたいと思えるような施設作りがなされているのかなと感じました。

IMG_1231

オーストラリアの素敵な夕焼けを皆様に贈り届け、2日目のリポートを終わります。