• Facebook
  • Google+
  • YouTube

「オランダ福祉視察ツアー研修紀行」Vol⑨~5日目ケアファーム「アムステルタウン]編~

オランダ福祉視察ツアー5日目。この日は今回のツアーにおける最も印象に残ったと言える視察を2件行いました。

最初の視察先はアムステルダム郊外のケアファーム 「アムステルタウン]です。
IMG_1063_320

ケアファームはその名の通り「ケア(介護)+ファーム(農場)」で、高齢者や認知症、知的障害者等のデイサービスを提供している農場のことです。オランダは元々農業が盛んな国で、このケアファームは現在国内に約1,100事業所あり、株式会社として運営、管理組合もあるそうです。
IMG_1068_320

ここ「アムステルタウン」はワイナリーを経営したかった旦那様と、ケア(介護)の仕事に携わるのが夢だった奥様の二人の夢が一致し実現したケアファームで6年前より運営されています。残念ながら当日はオーナーである旦那様は前日のワールドカップにてオランダが快勝し、予選突破を決めたため、祝杯のやり過ぎて酔いつぶれてしまったらしく、本日は不在でした(笑)

オーナーさんの代わりに看護師兼コーディネーターのこのナイスガイな男性が案内をして下さいました。
IMG_9269_320

登録利用者が約20名で15名が認知症、他は身体障がい等です。

サービス提供時間は9:30~16:00。一日のケアの流れは、来所→Teaタイムでゆっくり談話(最近の出来事やニュース、世界で起こっていること等)→散歩、音楽やゲーム等アクティビティ→トレーニング、回想法→昼食(ご利用者と一緒に作って食べる)→ワイン栽培等農作業という流れになっています。
IMG_1086_320

認知症の人も剪定作業等を任されてワイン栽培に携わっており、「自然(畑、草花や鳥のさえずり等)に触れることで、この場所に来る前と後とでは表情が変わり、皆さんイキイキとしてくる」と説明を受けました。

実際にご利用者の方が剪定作業を見せて下さいました。
IMG_9266_320

皆で力を併せて作るワインは、近隣住民とのイベントの時等に販売されているそうですが、出荷数は年間15,000本程だそうです。ワインセラーを見学させていただきました。
IMG_1080_320

IMG_9245_320

赤と白を1本ずつ購入させていただきました。香りもよく、味もGoodでしたヽ(´▽`)/
IMG_4308_320

ワイン栽培は1年中は困難ですが、剪定作業だけでなく虫の駆除などの管理があり、他にもイチゴ畑等が1年中作業が出来るように工夫してありました。ワインの専門家Voも15名います。

IMG_9206_320

IMG_9207_320

IMG_9279_320

オランダでの視察先で最も印象に残ったのがこのケアファームでした。
とにかくスケールが大きく、日本にはないサービスの形でした。当日いらしたご利用者の表情もとてもイキイキとされていて、まさに“人が生きている”ことが実感され、「こんな所で働いてみたいな~」と思える場所でした。

そして今回のこのケアファーム視察をヒントに弊社にて新たなプロジェクトが進行しつつあるのでした・・・その新・プロジェクトとは!!? 「近日公開」Coming soon(笑)

IMG_9285_320

<ゆったりのんびりたのしく 介護・福祉のトッツ>
有限会社トッツ
本社:広島県尾道市平原三丁目1番15号
電話0848-21-3111
HP http://www.tots.jp/
FB https://www.facebook.com/tots.onomichi
G+ https://plus.google.com/+TotsJp/
Yt http://www.youtube.com/TheTotsTube